海外競馬の基本 種類

種類

日本の中央競馬では土日にレースが行われており、地方競馬は平日に開催されています。海外競馬も毎日開催しており、週末に大レースが開催されています。海外競馬では平地に加えて障害レースも毎日行われているので、日本よりも魅力的なレースが楽しめます。基本的にブックメーカーではレースが行われていれば馬券を販売しています。しかも販売するレースの種類が限定されていないので、平地の一般戦や障害レースも販売されます。

ブックメーカーを利用すれば日本からでも海外競馬に参加できますが、日本の競馬とは大きく異なる部分があります。まず配当金の控除率がとても低いことです。ブックメーカー同士の競争が激しいため、胴元が控除率を下げて多くの参加者を集めているのです。またブックメーカーごとに提示するオッズが違うことがあります。これは胴元がそれぞれの判断で倍率を決めているからです。このようなオッズの提示は日本の競馬では不可能です。

日本の競馬では胴元が配当金に関する倍率を管理することで、確実に利益を出すようになっているからです。ブックメーカーを利用した海外競馬では、上位の人気馬に対しても高いオッズで賭けられるので非常に有利です。ブックメーカーなら世界中の馬券をインターネットで簡単に買うことができ、馬券以外のスポーツギャンブルも扱っています。ブックメーカーは購入したときのオッズが適用される仕組みなので、発売直後に買えば高倍率の払戻金を得られる可能性があります。